緊急事態宣言の時に「影響がない」と言い切った父

 

こんにちは、こんばんは。
コンシェルジュの寺田真理です。

 

昨日は夏至と日食で大盛り上がりでしたね。
でも、昨日は「父の日」でもありましたね^^;。
(忘れず、父に連絡しましたよ笑)


(Photo by Markus Spiske on Unsplash)

私の父は自営業です。
コロナで非常事態宣言が出された頃、
気になって電話をしました。

状況を聞いたら

父「何も影響あらへん」

私「えっ!?」
(そんな影響がないことはないと思うのだけど)

父「部品が入ってくる中国は、
今輸出がストップしているから、
部品は入ってきいひん。
作ったところで、相手先も
輸入禁止やから影響ないねん」

私「・・・・」
(いやいや、影響ありますやん)

と焦りつつ、
父の言葉を分析すると・・・。

父にとっての「影響がある」は
お客さまに商品が「届かないこと」

コロナの時期、相手先は輸入禁止なので、
父の都合ではなく、届けられない。
全面ストップしていたので、
仮に届けられてもその先には進まない。

だから、
「影響はない」という言葉になるようです。

自分視点ではなくて、
「お客さま」視点だったので、
驚きました。

話していても、コロナのことで
父から愚痴は一切ありませんでした。

考えても仕方がない。
自分1人の力でどうにもできないなら、

目の前の状況を受け入れて、
できることをする。

できないものは、仕方がない。
文句を言ってもしょうがない。
とスパッと切り替えていました。

その視点は、昔からそうだったなあ。
と思い出しました。

父が変わっているのかもしれません笑。

でも、
「今できることをする」は、

人のせいにしないで、
目の前の現実をちゃんと見て行動する。
ということに繋がります。
父の考え方は極端かもしれませんが笑、
大事だなと思いました。

まだまだ、父は、
私を驚かせてくれると思います笑。

それでは、みなさま
良い一日をお過ごしくださいませ。

お知らせ

 

■お知らせ 

あなたの頭の中の交通渋滞を整理する個人コンサル

コンシェルジュ業務メニュー

ブロフィール

◆打ち合わせやお仕事のご依頼等の
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

 

Related Entry

母の命日/自分の人生を自分で生きる/伊豆/修禅寺

自分を大事にする

父の愛は広く、母の愛は深い/父の誕生日/家庭調和

時を経ても変わらないもの/ブログ開設から1年/台湾からの贈り...

2021年手帳/サニーノート

母の命日と人生の選択について