過去のあなたがどうだったではなく、「今」のあなたがどうしたいか

 

こんにちは、こんばんは。
コンシェルジュの寺田真理です。

 

クライアントさまと
お話をさせていただく時、
時々「以前から〜だったんですよね」
とおっしゃることがあります。

考え方の癖だったり、
自分の言動がご両親から
影響を受けていたりなど。

その時に伺うのが、
「今、どうされたいですか」
とお聞きすることが多いです。

というのは、過去の生き方、考え方がどうであれ、
「今」どうしたいか。
がないと先に進まないからです。

寺田も以前は、
母の言動が自分の行動に影響していました。
「母に〜しなさい。て言われたから、〜するようになった」

とか

様々な思いから、目の前のチャンスを
すぐに掴めなかったことがあります。
「完璧主義なところがあるから〜できなかった」

というように
「以前から〜だったから、今も〜だ」
というような考え方をしていました。

自己分析をしているようでいて、
さりげなく、人のせいにしているか笑、
自分を責めています。

やりたいことができなかったわけですから、
落ち込みます。

でも、落ち込んでいる間は、
物事は進みません。
自分を責めたり、
人のせいにしている時も同様です。


↑もう、ススキがこんなに生えていました^ ^

ですので、
「今どうなさりたいですか」
というのは、
以前はどうであっても、
「今」どうしたいか。
でどこに進んで行けばいいか。
が変化するからです。

何もできない自分。
進みたいのになかなか進めない自分。
漠然とした不安を抱えている自分。
と色々な思いがあるにしても
「今」どうしたいか。

そこから、
未来のご自身が出来上がっていきます。

ご自身を責めたり、
以前から〜だったから。と
性格や過去の出来事のせいにしないで、
是非「今どうしたい?」
とご自身に問いかけをなさってみてください。

検討違いの思いが出てきても、
それが今のご自身の答えなので、
受け止めていただけたらと思います。

その先にご自身の望んでいるものが
必ずありますので。

どうしても、考え方の癖が抜け切らない。
という方は、一緒に解決していきましょう^ ^

それでは、みなさま
良い一日をお過ごしくださいませ。

 

お知らせ

 

■お知らせ 

あなたの頭の中の交通渋滞を整理する個人コンサル

コンシェルジュ業務メニュー

ブロフィール

◆打ち合わせやお仕事のご依頼等の
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

 

Related Entry

退職した日/目の前のことをする/選択と経験/プロフィール写真...

母の命日/自分の人生を自分で生きる/伊豆/修禅寺

母の命日と人生の選択について

組織が嫌だから、自由になりたくて、動いたはずなのに・・・

偏愛からわかる自分のこと

お気に入りのものを使う/KUNUSAWA/ヤタガラス