美は国境を超えて

こんにちは、こんばんは。
コンシェルジュの寺田真理です。

梅より先に桜の便り。

桜も好きですが、
白梅が一番好きなので、

早く見に行きたいです。

開期は終わったのですが、

佐藤和恵さん
墨絵の先生でいらっしゃる
小林東雲先生が
展示会をされていたので行きました。

「美は国境を越えて」

美術館は、行くだけで
ワクワクします。
広々とした空間に

高い天井が開放感があって好きです。

こちらは、六本木にある国立新美術館

今回は、海外の色々な国の方も

出品されていました。

ドイツ、中東、ロシア、

中央アジア、フランス、韓国、中国

などなど。

一点、一点、どんな思いで

描かれたのかなあ。

なんて思いながら
楽しんで拝見しました。

こちらは和恵さんの作品。

(添付する関係で、上下が切れてしまいました涙)

こちらは小林東雲先生の作品。

墨絵は紙が白。
あとは墨を水で

薄めることで濃淡を出します。

白い紙
水の入ったコップに一滴だけ墨汁を落とした色
アスファルトの色
色鉛筆のねずみ色
雨が降る前の濃い雲の色
墨の色

「墨」の色が、

こんなにも色々表見できるの!?

とびっくりしました。

白と黒のモノトーンの世界なのに、
かがり火の熱だったり、
風の音。
花の色。
人のざわめきとか、

色々とイメージが浮かびました。
色が溢れているこの世界。
モノトーンの世界を意識すると

白と黒の世界に集中できるので、

本当に欲しい色が

見つかるのかもしません。

シンプルに考えないと、

頭もパンクします。

今年の年賀状で書いた「寅」は
和恵さんの体験DAYで書きました。

体験DAYでは、書きたいものを書けるので、
やってみたいことに挑戦ができます。
お勧めします。

アメブロはこちら。。

体験DAYはこちら。

それでは、
今日も穏やかな一日でありますように。

 

 

 

 

お知らせ

 

■お知らせ 

あなたの頭の中の交通渋滞を整理する個人コンサル

コンシェルジュ業務メニュー

ブロフィール

◆打ち合わせやお仕事のご依頼等の
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

 

Related Entry

ペレのネックレス

暑中見舞い/自分に集中する時間/「今」がある瞬間

思いをカタチに 〜珈琲でゆったり、和んで、楽しんで 珈琲の...

旬のものをいただく/山菜 山うど/オーガニックマートよこい/...

自分を知る/自分が感じていることに気付く/子宮カフェ

お寺じゃなくても経験ができる/空間と時間を共有/写経教室